2021年06月15日


2021年06月14日


2021年06月11日
老齢になればなるほど、社会から遠ざかっっていくが、逆に芸術に近づいていく。社会から遠ざかるということは、欲望から離れることだ。だから芸術が近づいてくる。

若い頃は芸術も欲望から入った。年と共に、欲望から離れる。すると自由に近づいていく。だから芸術が見えてくるのかも知れない。

また考えることからも離れていく。考えが空っぽになることは本当に自由になることだ。言葉(観念)が消えると延命と同化する。

だから、芸術は長生きした方がいい。本当に見えないものが見えてくるのは延命の結果だ。

そして、何もしないことの中に、創造があることに気づき始める。

もっと、もっと歳を取るべきだ。歳を取る楽しみがでてきた。

2日連続で家の中で熱中症になりました。熱中症体質ですね。寝る前にたっぷり水を飲むといいみたいですが、トイレで起きるのは面倒ですね。

ワクチンの1回目は世間並みにクリア(でもないかな)しました。2回目の体験談も色々聞きました。1回目より強そうですが、それほど案じることもなさそーです。
ワクチンより熱中症の方が苦しいです。点滴がいいですが、すぐやってもらえないので、やはりOS-1かポカリスエットですね。

熱中症は脱水状態で起こるわけですから、とにかく水、水、水です。



2021年06月10日
朝、起床まもなく気分悪くなる。過去の経験で、すぐ熱中症だとわかって、スポーツドリンクを飲む。しばらくすると落ち着く。

熱中症はいつ、どこで起こるかわからない。美術館で鑑賞中に気分悪くなって、病院で点滴でおさまった。

最初の熱中症はまだ、その言葉のない20年前で、パリの旅行中に起こった。

ワクチンの倦怠感の最中の熱中症はダブルパンチ。

真昼間でなくても、睡眠中にも起こる熱中症はコロナより怖い。

高齢者になると、毎日が冒険!

高齢者になることは、芸術に近づくことだ。




2021年06月09日


2021年06月08日
沢山の方から両親らの高齢者のワクチン経験者の症状などツイートしていただきました。大いに参考になると同時に安心しました。2回目が2週間後で多少ビビっています。

2回目クリアされた時の症状など教えていただくと嬉しいです。その時の対処法などぜひ!

これから接種される方も、このツイートをご覧になって、ぜひ参考にして下さい。

昨日、東京で、ワクチン接種者16人(だったかな?)が救急搬送されたそうですが、全員帰宅されたそうで安心しました。

僕の場合は普段の血圧120が192になって、さすがびっくりしました。息苦しくなって、仮設診療室のベッドで横になって、小一時で落ち着きました。

副反応というより、前夜の不眠で不安が自律神経症を起こしたらしいですが、その夜腕が重く痛くなっただけで治まりました。

2021年06月07日
高齢者だから、コロナ・ワクチン接種に行ってきました。120の血圧が一気に192に跳ね上がって、仮設医務室に運ばれました。タンカで運ばれたわけではなかったけれど、192は未経験ゾーンの世界です。その後帰宅して、クリニックへも。その夜は腕が痛くって、重くって。

こういう人はあんまりいないよーで、お爺ちゃんお婆ちゃんもサッサと帰っていきます。宝くじなどは当たらないけれど、こーいうのはいつも当たるんですよね。

あと2回目も行きたくないけど、行くのかな? 2回目の方が反応が強いらしいけど、高齢者より、若い人の方が強いらしい。

接種4日目だけど、なんとなく倦怠感が続いているけど、高齢者で打った人の感想聞いてみたいね。ぼくのところにツイートしてみて下さい。


2021年06月04日


2021年06月03日


2021年06月02日


2021年06月01日
昨夜、深夜に自著「横尾忠則 創作の秘宝日記」(文藝春秋)を読み始めたら、面白くて、とうとう朝まで読む。こんなに面白い本だと思わなかった。これ、絶対読んだ方がエエよ。https://www.tadanoriyokoo.jp/product/1595

日記を読むと、去年の今頃、そば屋でマスクをしているのが自分だけだった。まだマスクが身についていなかったんだ。




↑↑ GO TO THE TOP ↑↑